4日
- 2017年
10月
Posted By : admin
引き出物と引き菓子を選ぶ時のポイントを知りたい!

喜んでほしい!落胆してほしくない!

披露宴に参加してくれた人に、記念品として贈られるのが引き出物です。よく混同されがちな引き菓子ですが、これは引き出物と一緒に渡されるお菓子で、縁起のいいバームクーヘンなどがよく選ばれています。近年の傾向として、おもてなしの心が重視されるようになった結婚式ですが、引き出物に関しても、ゲストをがっかりさせるようなものは選びたくないですよね。引き出物としては、ゲストが自分で好きな商品を選べるカタログギフトや、高級ブランドの食器やカトラリー類などが定番としてよく選ばれています。キッチン用品などの消耗品もおすすめ。ゲストが持ち帰る時に重すぎず、かさばらないようなものにすることもポイントです。ちなみに引き出物の手配ですが、結婚式場の提携先のものを選ぶカップルが多いようです。でも、提携先の商品にいいものがない場合は、自分たちで手配しても構いません。

贈り分けってしてもいいの?

参列したゲスト全員に同じ引き出物を贈るのではなく、相手ごとに違ったものを贈ることを、贈り分けと呼びます。ご祝儀の金額が多い人にそれなりの引き出物を贈りたい時にも、贈り分けが行われるんですよ。実際に贈り分けが行われる場合は、個人ごとに品物を分けるのではなく、上司や年配の親族、兄弟姉妹や友人など、いくつかのグループごとに分ける方法が主流のようです。おもてなしの気持ちから贈り分けを行っていても、ゲストの方からすると、自分と他のゲストの間で引き出物に格差があったと知ることは、あまりいい気分ではありませんよね。贈り分けをする際は、マナーとして外側からは分からないようにしましょうね。

結婚式場を神奈川県内で探す時には、カップルで式場を見学するのが理想的です。見学時に相談すると、スタッフから必要に応じてアドバイスしてもらえます。